「未分類」カテゴリーアーカイブ

Publisherで年賀状を作ってコンビニで印刷する

年賀状のソフトが入ったPCがおかしくなり、初期状態へリセットしたため使えなくなってしまいました。「でも待てよ?別のPCには”Microsoft Office”のPublisherがあるじゃないか…!」と思い立ちどうにかなりそうだと安堵。しかしプリンターも壊れているため、ウェブの印刷サービスで注文しようかと考えていましたが、調べてみるとセブンイレブンのマルチコピー機ですぐに印刷できることが分かりこれに決定。どちらも初の試みなので記事にしました。

Publisherで裏面をデザインする

ちなみに表面は宛名を書くところです。私が出した年賀状はごく少ないので表面は手書きにしました。何百枚もあるのであればこちらもデザインして印刷することになりますが、1家族あたり1つのファイルとなるためその数は膨大となります。後で気づきましたが、自分の住所・名前も裏面に書いておけば表面で手書きする内容を減らせますね。

Publisherのページ設定画面

そもそもPublisherがPCに入っているところは少ないでしょうか。今使っている2013では”Personal” / “Home & Business” / “Professional”のうち”Professional”にしかPublisherは含まれていません。WordでもPDFの作成は可能ですが、Publisherは図形を扱いやすくなっており調整が楽なことと、JPEGやPNGなどの画像としても出力できるため便利なことは確かです。

本題に移ります。完成したファイルはセブンイレブンで印刷することになりますが、どうやらフチなし印刷は不可能で四辺に5mmの余白が必ず生じるとの情報がありました。それを踏まえてページ設定では年賀状の”14.8×10.0cm”ではなく”13.8×9.0cm”と指定しておきます。こうすれば縮小されることはなくなるはずです。

完成したPDF

デザインしたものがこちらになります。なかなか特殊なデザインですね?

セブンイレブンで印刷する

Adobeで開いているように、これはPDFのファイルです。セブンイレブンで利用可能なファイル形式はhttps://www.sej.co.jp/services/print.html#postcardをご覧ください。セブンイレブン以外のコンビニでもマルチコピー機はあるもののはがき印刷ができないようです。SD / microSD / CDなどのメディアで読み込ませることになりますが、今回はUSBメモリーにこのPDFを貼り付けてセブンイレブンへ持っていきました。スマホにアプリを入れれば、スマホに保存したデータを印刷することが可能となるようです。

ここで1つ注意です。それはマルチコピー機ではインクジェット用・写真用のはがきは印刷できないということです。もし使ってしまうと大変なことになるらしいので誰が何と言おうと普通紙を使ってください。家からはがきを持っていくことも、コンビニで買ったはがきを使うこともできます。(私が行ったコンビニでは無地の年賀状はなく、別の店まで買いに行きましたが…)
なお、マルチコピー機には普通のはがきがセットされていますので、別のはがきを使うときははがきの移動(同じトレー内の横に置く)を自分で行うことになります。

印刷した年賀状の裏面

セブンイレブンでは手順どおりに印刷します。はがきの移動やセットも含めて分かりやすく案内してくれるので迷うことはないと思います。おつりだけは返却レバーを操作しないと出てきませんでしたが…

余談ですが、このデザインではモリサワという会社が製作した”新ゴ”というフォントを使っています。(3ウェイト選べるセットでAmazonでは4万円以上の買い物でした)
見えている文字はすべて新ゴですが、注意書きとして

マルチコピー機が対応していないフォントを使用している場合は、レイアウトが変わることや、プリントできないことがあります。

https://www.fujixerox.co.jp/solution/multicopy/print/hagaki.html

と書かれておりちょっとした懸案事項でしたが、印刷してみると何の問題もなくホッとしました。少なくとも新ゴには対応しているようです。

年賀状は現在、1枚62円で売っています。近所のローソンでは1枚単位で売ってくれました。セブンイレブンでの印刷はカラーで1枚60円(白黒は1枚20円)だったので1枚当たり122円。年賀状をそんなに多く出さない人であれば、手段の1つとするのも悪くないと思います。

エラーコード13431が出てメールが送れなくなった話

ある日、自分が持っているAndroidのメールアドレスを変更したので、BCCを使って変更の旨を一斉送信しようとしていました。

文面と宛先を何度も確認し、送信!
…あれ?

送信に失敗しています。おかしいなあ?と思いつつも、宛先に全角文字や空白が混じっていないか電話帳を確認。結局変な文字は見当たらず、メールアドレスに問題はなさそうだと判断。”宛先が電話番号の場合は~”とも書かれていますが、指定した宛先に電話番号はなく関係なし。せめてどの宛先がだめなのか示してくれれば良いのですが、そこまでの親切さはないようで…

もし存在しないメールアドレスに送信すると、メールの送信後にエラーメッセージが返ってくるはずなので、1回もメールが送れないのは本体のシステムが悪いのか?ということでシステムを更新。
しかし、再送信するもメールは送れず。

使っているAndroidの設定を見ていると、”セルフチェック”という機能を発見。これを使うしかない!ということでセーフモードにして診断を実行。すると”モバイルネットワーク設定が正しくない可能性があります”という画面が。

“パケット通信”をタップするといくつか対処法が表示されますが、どうも改善しなさそうなものばかりだったので何もせず終了。

これ以上はどうしようもないので、とりあえず原点に戻り、宛先を減らして送信を試みることにしました。すると、何のこともなく送信できてしまいました。
これで原因が判明。減らした宛先の中に使えないメールアドレスがあったのです。そのメールアドレスの持ち主に聞いてみると、”もう使っていない”とのことでした。

“存在しないメールアドレスに送信すると、メールの送信後にエラーメッセージが返ってくる”というのは、幻想に過ぎなかったのかもしれません。

“Social IMEと通信ができませんでした”を表示させないようにする方法

Androidで文字を打った後に変換する際、思い通りの表記が出ないことがしばしばあります。そんなときは、ページの一番下にある”外部変換”をタップすると、欲しい結果が出たり出なかったりします。大概出るんですけどね。

ところが、いつも通り”外部変換”を利用したとき、このような表示が出ました。

“Social IMEと通信ができませんでした”と書いてあります。検索してみると、”Social IME”のサービスは2016/09/01に終了し、利用できなくなっています。道理で通信が出来ないわけです。

このまま外部変換を使っても通信が出来ないだけで問題はありませんが、絶対に使えないものを残していても無駄なので、どうにかして”Social IME”を利用しないようにする方法はないか調べました。すると、以下の方法で利用を停止できることが分かりました。

手順

  1. まず”メモ帳”を開き、”新規作成”などで文字を入力できる状態にします。
  2. 画面右側にあるスパナマーク(改行と右矢印の間にあります)をタップ!
  3. “各種設定”
  4. “外部変換エンジン”
  5. “Social IME”のチェックを外す

これで、外部変換を使っても”Social IMEと通信ができませんでした”とは出なくなります。めでたしめでたし。

私はこれで更新プログラムの確認が終わりました

実際に試した手順まで飛ばす

ここでいう”更新プログラム”とは、Windows Updateで検出される新しいプログラムのことです。
update_confirm更新プログラムの確認画面です。何も問題がなければ、10分もかからないくらいで終わりますが、私のパソコンではそうはいきませんでした。

きっかけは、故障したパソコンを工場に送り、それが返ってきたときでした。そのパソコンを使っていると、いつからか更新プログラムの確認が止まっていたのです。”更新プログラムの確認”ボタンを押し、画像のような画面になった後、ここからもう何時間とこの画面が続きます。一向に終わる気配がありません。返却時PCは初期状態になっていたので、インストールするべきプログラムが山ほどあったのでしょう。

仕方がないので、インターネットで検索してみました。すると、”Windows7のWindows Updateが終わらない、遅い、進まない問題の解決方法“というページで解決することができました。ありがたい限りです。

手順はそちらに書いてあるので割愛し、どのタイミングで解決したかをお伝えします。

場所としては”対策2″で、そこにあるリンクの”Windows7 SP1 クリーンインストール直後のWindows Update (どのKBを先入れすると時間がかからなくて済むか? 2016年10月)“というページです。そこを見ると、手動ダウンロードが云々と書かれていますが、書いてあるとおりに進めても、このコンピューター上の更新プログラムを検索していますという画面が出て先に進みません。これは困ったなあと思いましたが、よく考えればまだ更新プログラムを確認中だったということを思い出したのです。

実際に試した手順

  1. “スタートメニュー”で”サービス”と入力
  2. “サービス”を開くupdate_service
  3. “Windows Update”を探し、それを一旦再起動させる
  4. 再起動後、停止させる
  5. 手動ダウンロードを行う

なぜ一旦再起動させようとしたのかは覚えていませんが、この方法で、ページに書いてある2つのファイルをインストールすることができました。すると、今まで終わる気配のなかった確認が終わったのです。これはちょっと感動ものでした。長らく確認していなかったからか、200以上のプログラムがインストール待ちとなっていましたが…

YouTubeのチャンネル開設日が合わない

まずはこれをご覧ください。

youtube_channel-switcher

新しいチャンネルを作成しその後削除すると、アカウントだけが残り、またチャンネルを作成するときにそのアカウントを選択することができます。

ところで、画像の右下を見ると、この日の日付は2015/08/16だと分かります。ここで、チャンネルを作成してみると…

youtube_channel-about

なぜか15日と表示されます。どうやら日本時間ではなく、アメリカの時間で登録されているようです。日本とアメリカ(ニューヨークなどの東海岸)には14時間の時差があるので、日本ではチャンネルを14時以降に作成すると、日付が合うようになるはずです。