市創式著作権規定について

市岡町創作所のサイトにある”市岡町創作所とは“のページに、この創作所が作成した画像、動画や配布ファイルについての著作権に関するルールである”市創式著作権規定”を掲載しています。このページではその説明を行います。

前文から順に見ていきます。

トップページに掲載されたサイトにて公開されている画像や動画、配布されているファイル(市岡町創作所、以下”著作者”が作成したもののみ)、以下”著作物”は、以下の条件を満たす場合に限り、用途にかかわらず無断でいくらでも複製、改変、転載等、以下”利用”を行うことが出来ます。

そのままの意味です。複製、改変、転載にとどまらず何にでも使うことが出来ます。しかし、画像や動画、配布ファイル以外のもの、またこの創作所が作成したものではない作品は適用の対象外になります。

次に”条件”です。

権利保持
著作物を利用して作成した成果物以外の著作権は著作者が保有します。

著作物自体の著作権は著作者にあります。著作物が生成した成果物、著作物自体を改変したものなどはそれらを作成した人に著作権があります。

自己責任
著作物を利用したことによって発生した問題は著作者は一切関知しません。

問題が発生したとしても当方は責任を負いません。

次に”保障”です。

用途不問
著作物を利用する目的にかかわらず自由に使うことが出来ます。

目的にかかわらず、どんなことにも利用することが出来ます。

連絡不要
著作物を利用するために著作者に連絡する必要はありません。

利用にあたって、当方に連絡する必要はありません。

条件不変
著作物を利用するための条件は変わりません。

条件は、これ以上内容が増えたり減ったりすることもなければ、変わることもありません。

ちなみに、この条件の中に書かれていないことについては、どうするかは自由になります。例えば”元になった著作物の著作者を表記する”という内容はありません。したがって、著作者を表記するかどうかは自由となります。

内容的には”規定”というよりも、自己責任で”自由であること”を文字に起こしたものと言えます。この規定を自分の作品にも適用したい方は、どうぞご自由にお使いください。