「HTML/JavaScript」カテゴリーアーカイブ

“地名生成ツール”の不具合について

ある日、”‘地名生成ツール’が動かない”という連絡があり、手持ちのAndroidで確認してみました。すると、FirefoxとChromeでは正常に動作し、ブラウザではボタンが表示されないことが判明したのです。

browser_place-name-generate

表示されるはずのボタンがありません。

その後PCのIEで見ても、これと同じことが起こっていました。この原因を調べた結果、以下の記述に問題があることが分かりました。

function button(bool,msg,obj=document.form0.button1) {
  obj.disabled = bool;
  obj.value = msg;
}

一見何の問題もないように見えますが、1行目の

obj=document.form0.button1

という記述が引っかかっていたのです。これは、引数を変数に代入するもので、変数objにはボタンオブジェクトをあらかじめ代入し、参照できるようにするはずでした。これを、

function button(bool,msg) {
  var obj = document.form0.button1;
  obj.disabled = bool;
  obj.value = msg;
}

とすると、うそのように解消したのです。どうやらこの記述方法は、AndroidのブラウザやInternet Explorerでは動作しません。

原因の解明には苦戦しましたが、修正できたのでよしとしましょう!

“地名生成ツール”を更新しました

“こーぐばこ”内の”地名生成ツール“を更新しました。変更点は以下の通りです。

  • 処理速度の向上
  • Twitter投稿用のボタンを設置
  • 文字の追加や削除

順に説明します。

処理速度の向上

生成地名数を10、20、30個の中から選択できた時代から残っていた不要な関数の削除や、処理方法を変更することにより、処理速度が向上しました。performance.now()を使用して生成時間を比較した結果、更新後は更新前よりおよそ40%短縮されていることを確認しました。

Twitter投稿用のボタンを設置

需要は0だと思われますが、面白そうだったので追加しました。”ツイート”ボタンを押した後、30個の生成結果の中から1つだけをTwitterに投稿することができます。

漢字の追加や削除

地名としては使われないような文字を削除し、”久”や”那”などの地名としてはよくある文字を追加しました。また、漢字ではありませんが”ケ”や”ノ”も追加しています。

削除

央,絵,各,閣,孔,交,行,豪,参,桟,支,首,臨,楼,湾,圃,坦,堵,塙,壬,夷,奄,娃,嵩,帖,庇,柾,棲,檀,汀,祇,笈,荻,蓉,蔭,祁,鵬,鱗,黎

追加

久,光,植,泉,浅,荘,那,奈,内,氷,鳴,緑,呂,ケ,ノ

変更

穏->隠(“かくす”の字を間違えていました)

その他

狩(二重に記述されていたため一方を削除しました)

結果39文字を削除、15文字の追加により24文字減の695文字となっています。その他多数の字の読みを変更しています。
もしも”この字を入れてほしい!”、”これはいらない!”というのがありましたら、お気軽にどうぞ。

一部のブラウザで正常に動作しないことが判明したため、修正を行いました。詳細を見る>>(2016/08/21)

JavaScriptでテストを作る

JavaScriptでテストを作成できる”examination.js”が完成し、”The Main Line”にて公開を開始しました。”ダウンロード固定ページ“より”テストキット”を選ぶとダウンロードが可能です。

このファイルは、以前に”The Main Line”で公開されていた駅名検定コーナーで使用するために作成したもので、それを配布用に改修しています。”examination.js”は採点などのプログラムや解答、点数の定義が含まれており、問題を表示するHTMLファイルと合わせるとテストが出来上がります。

主な仕様は以下の通りです。

  • 自動採点
  • 合格基準を、点数(~点以上)または問題数(~問以上)に設定することが可能
  • 解答表示
  • Twitter投稿用のボタンを表示(非表示にすることも可能)
  • 1つのグローバル変数”examination”を使用

こんな感じですかね。下の見本にもあるように、解答欄は入力(記述)と選択の2種類があり、選択肢を作らない分、前者のほうが作成は簡単です。

imgタグを使えば問題に画像を表示させることもできます。HTML5になり、inputタグではさまざまな種類の入力欄ができたので、新しいものを使うのも手ですね。

最後に、配布ファイルに同梱の”sample.html”の内容を見本として掲載します。”採点”ボタンを押すと結果が表示されます。

数字や英字、記号はすべて半角小文字で、それ以外は全角文字で記入してください。

1 : 入力方式(1問6点x5=30点)

次の問いに答えなさい。

  1. 1+1=
  2. (98+76)/(543-21)x0=
  3. この問題の点数は1問
  4. 円周率π=15926535…
  5. “日本”は英語(5文字)で

2 : 選択方式(1問4点x5=20点)

次の問いをよく読み、選択肢の中から正しい答えを選びなさい。

  1. アルファベットの最初の文字はである。
  2. 1000グラムは1である。
  3. 光の速さは音の速さ
  4. CO2とはの化学式である。
  5. 地球は系にある惑星の1つである。

合格の基準は、50点中30点以上に設定されています。

“The Main Line”の背景について

サイトの新しいページをhttp://ichiso.net/tml/にアップロードした後、パソコンとスマートフォン(Android)で確認を行ったわけですが、ここでちょっと困ったことになってしまいました。まずはこちらをご覧ください。(すべてAndroidのスクリーンショットです)

firefox_tml-top

この画像は、Firefoxでトップページを表示させたときのものです。ページ上端に4色の帯がありますが、これはSVGで作成した背景です。CSSのmarginによって、その帯かそれ以上の幅だけ文字を下げています。こうすれば、最初に表示したときに帯と文字が重ならなくなります。(スクロールすれば重なります)

firefox_tml-basic

では、ページの高さが変わればどうでしょう。ご覧の通り、帯の幅は変わりません。これは、ブラウザの画面の高さを100%とし、それに対する割合(ここでは5%)を帯の幅としたためです。どんなページを閲覧しようとも、ブラウザの画面の高さは変わらないので、この帯の幅も不変のはずです。

ところが、Google Chromeではそうはいきませんでした。

chrome_tml-top

同じトップページです。ブラウザの画面の高さはFirefoxと変わらないにもかかわらず、帯の幅が大きくなっています。

chrome_tml-basic

ページが長くなると、帯がぐんと大きくなります。このことから、Google Chromeに関しては”ブラウザの画面の高さ”が100%になるのではなく、”ページの高さ”を100%として計算してしまっているということが分かります。

Chromeの表示では明らかに帯と文字が重なっていますが、現時点では単位を変更したり、背景の表示をやめたりするといったことは考えていません。Firefoxのほうが正しい表示だと思うので、どうにかChromeに修正がかかることを祈るだけです…

なぜかform要素で送信できない

この前、とある用でファイルのアップロード用にページを作っていたのですが、どうしても送信できないという事態が起こりました。

<form enctype="multipart/form-data" action="index.php" method="post">
  <input type="hidden" name="MAX_FILE_SIZE" value="10000000">
  <p>アップロードするファイル : <input type="file" name="upload"></p>
  <p>ファイル名 : <input type="text" name="name"></p>
  <p><input type="submit" value="送信"></p>
</form>

簡単に書けばこんなコードですね。

このファイルは”index.php”として保存し、最初は順調にコーディングしていたわけですが、”送信”をクリックしても、何も起きないのです。最初は2行目の”MAX_FILE_SIZE”がおかしいのかと疑い直してみたものの、変化なし。

次に、もしかして<input type=”file”>のname属性に”upload”は使えないのか??と変な疑問が浮かび、変えてみるもやはり変わりません。

試しにprint_r( $_POST );と書いて結果を見ると、NULLに。

とうとう困り果て、一番上の行に目をやると、<form>のaction属性が”index.php”になっていることに気づき、”/”に変えたところ、思い通りに動作しました。

なぜ動作したかというと、このサイトでは例えば”http://example.net/index.php”でアクセスすると、”index.php”が省略されたURLに転送される仕様になっており、実際に見ているのは”http://example.net/”になります。action属性にあった”index.php”とは別のものとして扱っているらしく、動作しなかったらしいのです。

アップロードするページに”index.php”と名付けることはあまりないですが…