私はこれで更新プログラムの確認が終わりました

実際に試した手順まで飛ばす

ここでいう”更新プログラム”とは、Windows Updateで検出される新しいプログラムのことです。
update_confirm更新プログラムの確認画面です。何も問題がなければ、10分もかからないくらいで終わりますが、僕のパソコンではそうはいきませんでした。

きっかけは、故障したパソコンを工場に送り、それが返ってきたときでした。そのパソコンを使っていると、いつからか更新プログラムの確認が止まっていたのです。”更新プログラムの確認”ボタンを押し、画像のような画面になった後、ここからもう何時間とこの画面が続きます。一向に終わる気配がありません。返却時PCは初期状態になっていたので、インストールするべきプログラムが山ほどあったのでしょう。

仕方がないので、インターネットで検索してみました。すると、”Windows7のWindows Updateが終わらない、遅い、進まない問題の解決方法“というページで解決することができました。ありがたい限りです。

手順はそちらに書いてあるので割愛し、どのタイミングで解決したかをお伝えします。

場所としては”対策2″で、そこにあるリンクの”Windows7 SP1 クリーンインストール直後のWindows Update (どのKBを先入れすると時間がかからなくて済むか? 2016年10月)“というページです。そこを見ると、手動ダウンロードが云々と書かれていますが、書いてあるとおりに進めても、このコンピューター上の更新プログラムを検索していますという画面が出て先に進みません。これは困ったなあと思いましたが、よく考えればまだ更新プログラムを確認中だったということを思い出したのです。

実際に試した手順

  1. “スタートメニュー”で”サービス”と入力
  2. “サービス”を開くupdate_service
  3. “Windows Update”を探し、それを一旦再起動させる
  4. 再起動後、停止させる
  5. 手動ダウンロードを行う

なぜ一旦再起動させようとしたのかは覚えていませんが、この方法で、ページに書いてある2つのファイルをインストールすることができました。すると、今まで終わる気配のなかった確認が終わったのです。これはちょっと感動ものでした。長らく確認していなかったからか、200以上のプログラムがインストール待ちとなっていましたが…

コメント