BASIC

BASICとは?

コンピュータは、機械語と呼ばれる0と1のみで構成された語句しか使用できません。それでは人間にとって意味を理解しにくいため、コンピュータにも人間にも通じるように作られたのがプログラミング言語であり、そのうちの1つが"BASIC"です。ここでは、ポケットコンピュータでの簡単なプログラミングと、BASICの自作プログラムを紹介しています。

基本命令語一覧へ

配布ファイル一覧へ

実際にプログラミングしてみましょう

それでは、簡単なプログラムからプログラミングしていきましょう。まず、ポケットコンピュータ(以下ポケコン)の電源を入れ、【BASIC】と書かれたボタンを押してください。画面の右上に【PRO】と表示されます。BASICプログラムはこの画面(PROモード)で打ち込みます。これで準備は完了です。次に、以下の内容をポケコンに打ち込んでください。

プログラム例

100:REM "エンノメンセキ"
110:INPUT A
120:B=A*A*3.14
130:PRINT B

プログラムを実行する

さて、入力が終わったらもう一度【BASIC】と書かれたボタンを押します。すると画面の右上の【PRO】が【RUN】に変わります。そこで画面に"RUN"と入力し、キャリッジリターンキー(エンターキーのようなキーです)を押してください。すると画面に【?】が表示されますので、好きな数字を入力しもう一度キャリッジリターンキーを押してください。どのような結果になるでしょうか。

実行例

1を入力した場合…3.14

2を入力した場合…12.56

10を入力した場合…314

分かりましたか?これは入力した値を半径とする円(円周率は3.14とする)の面積を求めるプログラムです。このようにしてプログラミングをすることがポケコンでは可能なのです。この例では電卓でも出来ますが、もっと複雑な計算も可能です。

それぞれの文の意味

BASICのこれから

BASICは、残念ながら衰退の一途をたどっていると言えます。BASICは処理速度が遅いため、多数の人が処理の速さを求めて他の言語へと移っていくという状況にあります。しかし、なんといっても分かりやすいのがBASICで、"馴染みやすい"という特徴もあります。またBASICを元に開発された"Visual Basic"(VBと略される)では、文字通り視覚的にソフトウェアを作成できます。