JavaScript : 設定方法

ブラウザでJavaScriptを有効にする方法を紹介しています。基本的には何も設定をしなくてもJavaScriptは利用できるようになっていますが、変更したい場合は以下に示す方法で切り替えることができます。

"Internet Explorer"の場合

  1. 右上の"ツール(Alt+X)"をクリック
  2. "インターネットオプション(O)"をクリック
  3. "セキュリティ"タブをクリック
  4. "レベルのカスタマイズ"をクリック
  5. "スクリプト"より"アクティブ スクリプト"を"有効にする"に設定

"Firefox"の場合

  1. アドレスバーに"about:config"と入力
  2. "危険性を承知の上で使用する"をクリック
  3. "検索(R)"に"javascript"と入力
  4. "javascript.enabled"をダブルクリック(値を"true"に設定)

"Google Chrome"の場合

  1. 右上の"Google Chrome の設定"をクリック
  2. "設定(S)"をクリック
  3. 下の"詳細設定"をクリック
  4. "プライバシーとセキュリティ"より"コンテンツの設定"をクリック
  5. "Javascript"より"許可(推奨)"にチェック